雨漏り補修

雨漏りを止めるために、まず最初に雨漏りの調査を行います。

次に雨漏りをさせないために雨漏り補修をするわけですが、雨漏りの原因が複数個所なのか、1か所だけ雨漏り補修をすればよいのか、現場によってさまざまです。

画像の説明

雨漏り補修に使用する材料は、シーリング材、ウレタン防水材、シート防水材、アスファルト防水材…などの他にアルミ板を使用する場合もあります。

その現場に一番合った雨漏り補修の工法を考え、様々な工夫をして、部材を取り付けて部材と取合う部分をシーリング処理、防水材の塗布工事をすることもあります。

写真は、マンションの雨漏りを修理中にシーリング材を撤去してみると、新築時のシーリング材が硬化不良を起こして、部分的に未硬化のままでした。こんな発見もよくあることです。

画像の説明

この現場では既存のシーリング材の撤去打ち替えをして、雨漏りは止まりました。

雨漏り補修は、誰でもできる単純な工事ではありません。
それは、今までの雨漏りの修理経験、そしてそこから得た知識・知恵、学びを得て習得した技術力を駆使しておこなわれる工事なんです。

生きた現場で本気で真剣に雨漏りに取り組む姿勢がないと、雨漏りから学ぶことはできません。

雨漏り補修は雨水の入り口をただふさげばよい、という単純なものではない場合も多くあります。
その場合は、雨漏りの補修方法にさらに創意工夫が必要になり、防水業者の技術力が試される時でもあるのです。
(2015.3.31/職人社長の安藤)

雨漏り補修に対する当工事店の意気込みがわかるブログをご覧ください。

本気でまじめなクリエイトコスモの職人社長安藤のblog-Gooブログはここをクリックしてください。

お問合せはこちらへ

お電話、ファックス、またはメールフォームより、お気軽にどうぞ。

電話 048−422−8737  ファックス 048−422−8747

〒335-0031 埼玉県戸田市美女木3−17−4

クリエイトコスモ株式会社